前頭部がスカスカ

男性の薄毛にはパターンがあり、よく見られるのが前頭部
スカスカになる薄毛のパターン。

 

 

そして抜け毛が多くなってきたわけでもなく、知らず知らずの内に徐々にスカスカが強くなっていく為、
気が付いたら薄くなっていたというケースも多いのです。

 

なぜ抜け毛が多くなったような気がしないにもかかわらずスカスカになっていくのかと言えば、
それは頭がスカスカに見える原因に理由があります。

 

スカスカを引き起こしている最たる原因になっているのはAGAという症状なのですが、
これは男性によく見られる脱毛症です。AGAが発症した場合はDHTという脱毛を促進する物質が増えている状態であり、
このDHTこそがスカスカにしてしまう原因とされています。

 

その理由はDHTには毛周期を短くしてしまう働きがあり、髪の毛の成長を抑制してしまうからです。
つまり抜け毛が多くなることによって薄毛になるのではなく、そもそもの髪が育っておらず、

 

そして髪が細くなってしまうゆえにどんどんスカスカの状態が強くなってしまい、
薄毛が目立つようになってからようやく危ないことに気が付くというケースが多いのです。

 

 

このようにDHTが髪の毛が細くなる原因になっているのですが、DHTはどのような物質なのかと言えばこれは悪玉の男性ホルモンのことです。
男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合することでDHTへと生まれ変わり、そしてAGAの原因として猛威を振るいます。

 

 

根本的に発症する原因にはまず遺伝が挙げられます。
薄毛になるDNAが存在すると発症する可能性が高くなりますので、薄毛家系ですと将来的に薄くなってしまう可能性があります。

 

 

生活環境の乱れもAGAのリスクを高める原因のひとつです。
食生活が乱れていたり睡眠時間が短い、体を動かすことが少ないなどすると
髪の成長を停滞させてしまいますので薄毛になり易くなってしまいます。

 

 

改善する為の方法ですが、発毛成分を配合している育毛剤を使用することによって
回復できる可能性があります。代表的な成分としてはミノキシジルという医薬品が挙げられますが、
こうした成分を配合した育毛剤で対策をすることで症状が良くなることがあるのです。

 

中には殆ど効果に期待することができない成分もありますので、有効性についてよく確認をしながら育毛剤選びをすることが大切です。
正しく対策をすることができればAGAだろうと改善できる可能性は十分にあると言えます。